雪国でのキャベツの保存について

野菜の保存

私の母は野菜を買ったり届いたりもらったりしたら、昔から雪を利用した自然の冷蔵庫的な保存法を利用しているんです。

最近では、実家の近所の農家では、秋に収穫したキャベツを、雪の下に山積みにして、自然に雪の中での保存をしたものを、春先もしくは、冬期間に掘り出して、表面の傷んだ、葉を取り除いて出荷することが一般的になっているようです。

雪の中で保存することのメリットとしては、キャベツ自体が、凍結からみを守るために、糖質を、多く出すことによって、とても甘いキャベツになるという寒い地域ならの保存方法で、雪下キャベツや、越冬キャベツの名で販売されてもいるんです。

そういえば、大地を守る会の潮風キャベツも美味しかったです。

雪のたくさん降る寒い地域では、こうして雪を利用しての野菜の貯蔵が、色々な分野で行われています。

今ではおコメなども、雪の中での貯蔵を行っているのです。

雪の中は、適度な湿度と、気温がたもたれることが一番なのです。

一般家庭でも、勿論雪の中に、大根などを、保管して、食べるときに、掘り出すというのが、当たり前のように、行われています。

我が家にも実家のように雪の中で保存できるくらいの積雪があればいいのですが‥